• Size

食道癌について①

食道がんとはどのような病気ですか?

食道はのどの付け根からはじまり、胃の入り口までをつなぐ25cmほどの細長い消化管です。ここにできたがんが食道がんです。がんができたばかりの頃は、これといった症状はありません。ある程度進行してくると、食道のしみる感じや違和感といった症状で病院を受診して発見される場合があります。さらに進行してくると、がんの塊によって食道の内側が狭められますので、食事が胸でつかえる、とか、食事が通らない、食事をすると胸が痛くなる等の症状が出てきます。また、食道がんは、声帯を動かす神経の近くのリンパ節に転移を起こしやすいため、声のかすれが食道がん発見のきっかけとなる場合もあります。声のかすれが気になった場合は耳鼻咽喉科を受診する場合が多いと思いますが、原因がはっきりしない場合は内視鏡検査などで食道をしっかりと調べる必要があります。食道がんは、他のがんに比べても比較的リンパ節や他の臓器へ転移しやすく、治りにくいがんであると言えます。ですから、早期に発見をして適切な治療を受けるということが大切になります。

食道癌になりやすい人は?

がんにかかる患者さんの数は年々増加していて、現在、日本では一生のうち二人に一人の割合でがんにかかってしまいます。食道がんは、男性では胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、肝臓がんに続いて6番目に多く、女性では乳がん、大腸がん、胃がん、肺がん、子宮がん、さらにいくつかのがんと続いて13番目の頻度となっています。食道がんの患者さんは男性が女性の5~6倍であり、食道がんは男性がかかりやすいがんであるというのが一つの特徴です。年齢では、男女ともに40歳代より急激に増え、60歳代にピークとなります。また、食道がんのリスク要因として、タバコとお酒があげられます。特にタバコは食道がんとの因果関係が強く、男性の食道がん患者さんの約60%が、タバコが原因と考えられています。さらにお酒との組み合わせで、そのリスクは高くなります。またお酒を飲むと顔が赤くなる人(フラッシャーといいます)あるいはかつて赤くなった人は、食道がんのリスクが高くなることが知られています。その他にも、熱いものを飲んだり食べたりする習慣や、肥満などが食道がんのリスクとしてあげられます。以上をまとめると、タバコとお酒が大好きな60歳以上の男性は特に注意が必要です。

他の病気との関連は?

食道がんは、同じ時期にあるいは時期を別にして他のがんと重複しやすいという特徴があります。特に、咽頭(いんとう)や喉頭(こうとう)、口腔(こうくう)や舌など、口の中、のどにできるがんとの関連が認められます。過去にこれらのがんの治療をした方、あるいは現在治療中の患者さんは、定期的な食道のスクリーニング検査、特に内視鏡検査によるチェックが必要です。

早期発見のためには

図1

症状が出てから検査を受けて診断された食道がんの約8割は進行がんです。すなわち、症状のないときから定期的に検査を受けることが早期発見のためには必要です。食道がんを発見するための検査として、最も有効なのは内視鏡検査です。いわゆる胃カメラということになりますが、浜松市では胃カメラによる胃がん検診が導入されましたし、人間ドックでも胃カメラを採用しているところが多くなっています。早期の食道がんは、残念ながら胃カメラ以外、例えば採血やエコー、CTなどで診断することはできません。機会を見つけて内視鏡検査を受けることが重要です。(図1)

浜松医科大学医学部附属病院の本が出版されました。

『知っておきたい、 病気のこと、治療のこと
浜松医科大学医学部附属病院の最新医療』

ご興味のある方は、こちらよりご購入ください。

Amazonで購入